花とフラスタ-店長日記-
札幌で、花と陶芸のお店をしています。そんな店長のブログです。 お店のお花や自作の陶芸などの御紹介。お店の日常などを、つらつらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊勢海老
     伊勢海老
       伊勢海老

   祝い事には欠かせない縁起物の伊勢海老


長い触角が今にもピンとはねそうに、生き生きと描いてみましょう。
堅い殻で覆われた頭や胴体は没墨法で、殻の溝の筋やトゲは、溌墨法を使います。

 没墨法とは・・形の輪郭線を描かず、面で表す描写
 溌墨法とは・・淡墨が乾かないうちに濃墨で描いてにじみを出す描写

頭を描く 淡墨を穂全体に含ませ、筆先に濃墨をつけ、
     穂先を右上に向けてスウーッと引くように入り、徐々に筆を傾ける。
     2本目は短く、3本目の先は、少し長めに、最後に1・2本目に重ねる。
腹部を描く
     穂の根元に淡墨を含ませ、穂の先端を指で上に曲げ、
     筆を倒した側筆で描き、途中で筆を回し、最後は筆を立てながら
     細めにぬく。
尻尾と水かき
     尻尾は先端から根元に向かい側筆で2~3本
     腹部の下に穂先で小さく水かきを描く。
目を描く 濃墨で白い部分を少しだけ残し丸く描くと、生き生きとする。
脚を描く 1本目は脚の付け根をちょんと入れ、直筆で節を入れながら
     最後は軽く抜く。
     2本目からは脚の付け根を入れず描き、最後の脚は前にのばす。
     脚は5対10本ですが、全部は描かず、省略しても良い。
触 覚  左側の触覚は直筆で折り曲げ、緩やかな弧を描くように勢いよく、
     最後はスウーッと抜く。
     右側の触覚は同じ太さと長さになるように、画面の外まで運筆する。
     体の下についてる触覚は淡墨でそれぞれ描く
トゲと溝  濃墨でトゲを描き、頭部の下にV字に仕切られた溝を描く。
腹部のすじ 濃墨で6本位筋を描くと潤いがでる。
脚と蝕手の繊毛
     穂の水分を絞って、細く薄めに繊毛を入れる。

さあ、出来あがりました。うまく書けたでしょうか?
ところどころに波を描くと泳いでいるように生き生きとしますよ。   
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://furasuta.blog63.fc2.com/tb.php/89-0f0092b5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。