花とフラスタ-店長日記-
札幌で、花と陶芸のお店をしています。そんな店長のブログです。 お店のお花や自作の陶芸などの御紹介。お店の日常などを、つらつらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスマスツリー
  クリスマスツリー赤照明    クリスマスツリー青照明

            クリスマスツリー

   寸法  W  12cm  H  26cm
   わら白釉薬  すいひ土

円錐形のツリーを作ってみました。

まず、円錐形の型紙を新聞紙で作ります。
次に型の大きさより広め、5mm厚さの板状に粘土を広げます。
型紙をのせ、端1?ほど綴じ分を広く、かたどります。

 模様として、赤や青色の豆粒ほどの丸い色粘土を幾つか乗せ、練りこみます。
プラスチック製の市販の型の上に型紙を巻き、その上から切り取った板状の粘土を巻きつけ、両端はドベで綴じます。

周りにはに模様の切り込みを入れたりし、三角状の切り込み部分は静かにめくり上げます。
これはオーナメントなど掛けるため、使いやすい程度にそらします。
頂点にはお星様や十字架など・・・少し切り落としておくと後で飾りを差し込んでも良いと思います。
乾燥して酸化焼きで完成です。
      
今回は光の混色が体験できるという、市販のボタン電池照明を使ってみました。
赤・青・黄の光の組み合わせにより、7パターンの色を表現、光の三原色のしくみを学ぶことができました。
全灯時間は12?18時間てす。

 又、最近はきれいな色や香りの小さなローソクなども出回っていますので、楽しんでみましょう。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://furasuta.blog63.fc2.com/tb.php/56-b9c157f2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。