花とフラスタ-店長日記-
札幌で、花と陶芸のお店をしています。そんな店長のブログです。 お店のお花や自作の陶芸などの御紹介。お店の日常などを、つらつらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野菜の苗作り
    苗作り      苗作り
 
 まず、最初に甘太郎トマト・中玉トマト・ミニトマトの種まきです。
例年までは「ひな祭り」を目安に、その直後、一週間後と遅らせましたが、今年は一晩、水に浸しておき、3月11日の日曜日に蒔きました。5日後には最初の芽が出てビックリ、一週間以上も早い発芽です。
北海道の苗はトマトから順に、5月15日頃から店頭に出さなければなりません。
何よりも、種選びから苗の成長を考えます。
15cm程になる4月中旬頃の暖かい日は、温室から出して発泡スチロールの箱をビニールで覆い、少しづつ外気に当て苗を強くさせます。
天気や気温を気にしながら、目を離せません。昨年は留守の間に冷たい風と大雨に当たり、大玉トマトは大失敗。
それでも数本何とか持ちこたえ、我が家の畑で元気に実らせました。
まだ2㎝ほどの芽ですが、それでも先端に小さな種の殻がしっかりとしがみついています。
こんな小さな芽が、夏には大きく育ち、真っ赤な実をたわわに実らせるのです。強いものです。

 自分で育てた苗が、立派に育ち、お客様に喜んでいただけるのが楽しみです。







スポンサーサイト

苗づくり
KC3Q0021.jpg   PAP_0020.jpg  PAP_0013.jpg    
           
   苗作り        キュウリ            唐辛子              

昨年、始めて商売用の苗作りに挑戦しました。
今年も又張り切って、3月中旬頃 野菜の種まきを始めました。
実際に自分の畑で育ててみて、トマト・ナス・キュウリなど本当によく育ち、すっかり自信がつきました。
しかし、店頭に出すにはまだ一ヶ月以上もあるというのに、いんげん、スナックエンドウ、キュウリの成長がとても早く、仕方なく、ビニールをかけ、外に出して日光浴させ、時々、外の風にあて、丈夫に育てることにしました。
それにしても朝、晩、日中も目が離せません。
疲れました。













おもちゃカボチャ
おもちゃカボチャ



おもちゃカボチャ

こーんなカボチャ、見たことありますか?
私もずいぶん色々見てきましたけど、さすがに驚きです。
大きさは幅14?5cmほど、色といい、形といい、すっかりお気に入り。
UFOになって、このまま空へ飛んでいきそう。

20個入りケースで仕入れた内のひとつです。
他にも面白いのが沢山ありましたが、やっぱりこのカボチャに勝るものなしです。

案の定、お店に並べたとたん、売れちゃいました。
写真を撮っておいて本当によかった。

これをヒントに何かできないかしらね。
蓋つき器?? むずかしそう!


ユーフォルピア
ユーフォルピア
ユーフォルビアに属する花は 世界各国に1600種類以上も分布しています。
同じ仲間に、クリスマスの花としておなじみの「ポインセチア」や多肉植物の「花キリン」などもあります。
又、切り花として多く出回っている「ハツユキソウ」もこの仲間です。
一見、葉物のようにみえますが、葉の周りが白く、中心に白い小さな花を咲かせます。
質素でさわやかな花で花束やアレンジメントに喜ばれます。

なかでも、このフエンスルビーは花の中心が真っ赤で、まるで孔雀が羽根を広げたような、とても珍しい美しい花です。
>





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。