花とフラスタ-店長日記-
札幌で、花と陶芸のお店をしています。そんな店長のブログです。 お店のお花や自作の陶芸などの御紹介。お店の日常などを、つらつらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊勢海老とカニ
      伊勢海老とかカニ

       伊勢海老と沢ガニ

前回の伊勢海老の応用編です。

 
 沢ガニの描き方

甲羅を描く 筆に淡墨を含ませ、水分を絞ってから穂先に濃墨を
      馴染ませる。
      筆先を左に向けて、側筆で左側の甲羅を描き、右側の
      甲羅も描く。
      はさみの根元を側筆で描き、筆先に濃墨をつけて両方
      の目を描く。
目を描く  少し白い部分を残すと生き生きとする。
      (目の描き方は少し残すとよい)
はさみを描く
      中墨をつけて、線描きではさみを描く。
脚を描く  濃墨をつけて、一本目は脚の付け根にチョンといれ、
      節を入れながら筆に勢いをつけ描く。
      二本目からは付け根を入れず、
      左右同じにならないように四本づつ描く。


葉を描く  淡墨で水辺の草を描く。
      根元から葉先に向かってさりげなく描く。

さあ、出来上がりです。伊勢海老と沢カニの仲良しです??
スポンサーサイト

伊勢海老
     伊勢海老
       伊勢海老

   祝い事には欠かせない縁起物の伊勢海老


長い触角が今にもピンとはねそうに、生き生きと描いてみましょう。
堅い殻で覆われた頭や胴体は没墨法で、殻の溝の筋やトゲは、溌墨法を使います。

 没墨法とは・・形の輪郭線を描かず、面で表す描写
 溌墨法とは・・淡墨が乾かないうちに濃墨で描いてにじみを出す描写

頭を描く 淡墨を穂全体に含ませ、筆先に濃墨をつけ、
     穂先を右上に向けてスウーッと引くように入り、徐々に筆を傾ける。
     2本目は短く、3本目の先は、少し長めに、最後に1・2本目に重ねる。
腹部を描く
     穂の根元に淡墨を含ませ、穂の先端を指で上に曲げ、
     筆を倒した側筆で描き、途中で筆を回し、最後は筆を立てながら
     細めにぬく。
尻尾と水かき
     尻尾は先端から根元に向かい側筆で2~3本
     腹部の下に穂先で小さく水かきを描く。
目を描く 濃墨で白い部分を少しだけ残し丸く描くと、生き生きとする。
脚を描く 1本目は脚の付け根をちょんと入れ、直筆で節を入れながら
     最後は軽く抜く。
     2本目からは脚の付け根を入れず描き、最後の脚は前にのばす。
     脚は5対10本ですが、全部は描かず、省略しても良い。
触 覚  左側の触覚は直筆で折り曲げ、緩やかな弧を描くように勢いよく、
     最後はスウーッと抜く。
     右側の触覚は同じ太さと長さになるように、画面の外まで運筆する。
     体の下についてる触覚は淡墨でそれぞれ描く
トゲと溝  濃墨でトゲを描き、頭部の下にV字に仕切られた溝を描く。
腹部のすじ 濃墨で6本位筋を描くと潤いがでる。
脚と蝕手の繊毛
     穂の水分を絞って、細く薄めに繊毛を入れる。

さあ、出来あがりました。うまく書けたでしょうか?
ところどころに波を描くと泳いでいるように生き生きとしますよ。   

ミニミニ簡単フラワー教室
      スプレー菊

      陶器のワインカップ

   H  10cm    W  7cm
   白マット釉薬    赤信楽土

   花材  濃い黄色スプレー菊  1本   レザーファンとワレモコウ少々  
   
   フラワーフォルダー又は小さな剣山どちらでも良い 
 
スプレー菊は小枝が沢山ついていますから、ばらして長短バランスよく挿します。
その間に数本ワレモコウを・・・・
根元にレザーファンの葉を2~3枚挿し、完成です。
小さいので持ち運びも簡単、テーブルや机の上、お玄関の片隅に飾っても素敵です。
どなたでも簡単に活けられます。

菊の代わりにスプレーカーネーション(枝付きの)でもよいですよ。
枝が短いので、水上がりがよく、ながーく楽しめます。


       



ミニミニ簡単フラワー教室
        りんどう


     フラワーフォルダーで簡単生け花

  器  W  11cm   H  6cm
  釉薬  黒マット  酸化焼き

フラワーフォルダーを使ってリンドウの花を活けてみました。
器は前回と同じ黒マットで酸化焼きした、赤信楽の器です。
リンドウの開花した花1輪を正面に向け、奥行きを見せるために蕾2輪をつまんで後方に・・
フラワーフォルダーの上にチョンとのせてみました。

いかがですか。簡単・かんたん  
とても可愛く、誰でも活けられますよ。ふふふ・・


花材はリンドウ一本の先端から3輪を失敬しました。  

一重バラ コクテール
    一重バラ コクテール
   
 
数年前、小さな鉢植えをお店の横の僅かな土におろしました。
花展の花材として、取り寄せた鉢の一つでした。
真っ赤な一重バラ・コクテール一輪を「新風体」の「主」として使いたいとのご希望でした。
当時はあまり知られていなかった品種で、市場の切花として扱われていませんでした。
鉢植えを活ける直前に切り、メネデ-ルに直接浸し、使われました。
デパートの暖かい花展会場では、花は二日に一度は取り替える事が通常です。
しかし、この花は一度も花を取り替えることなく、一週間持ちこたえたとの事。
先生の腕も素晴らしかったのでしょうが、とても喜ばれた思い出の花です。
今は毎年、目をみはるほどの見事な花を沢山咲かせ、通る人達を喜ばせてくれます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。